未分類

酵素についておしえて!基礎知識講座

酵素ってなに?

酵素とは私たちが普段食べているものや体内でも生成されるタンパク質の一種です。

私たちが食べたものを消化・吸収するための役割をもつ「消化酵素」
生命活動をサポートするための「代謝酵素」
食べ物に含まれる「食物酵素」

の3つの酵素があり、それぞれが私たちの生活にとって欠かせないものとなっています。

最初にタンパク質の一種とお伝えしましたが、
ただタンパク質を取れば良いかと言えばそうではありません。

3つの酵素はタンパク質を含みますが、酵素の本質はタンパク質に覆われておりそれらが活動するための条件が揃わないとうまく働いてくれないのです。

体内の1部分で酵素が多く消費された場合、
体内の他の部分で酵素が足りなくなることもあります。

例えばステーキやラーメンなどこってりとした油ものばかりを食べた場合、
消化に多くの酵素が使われることにより、代謝活動に行き渡らなくなってしまうこともあります。

逆に野菜やフルーツなど、
多くの酵素を含む食材を多くとった場合はカラダへの負担が少なく消化吸収することができます。

最近では野菜やフルーツをミキサーにかけてスムージーにしたり、
酵素サプリや酵素断食なども話題になっていますね。

体内の酵素生成には限度があった!?

酵素は体内でも生成されますが、
一生涯に体内合成できる数には限度があり、
年齢を重ねるごとに減っていってしまうと言われています。

そのため若いころと比べて年齢を重ねるごとに食べ物から酵素を摂取することが大切になってきます。

酵素と温度の関係性

実は酵素は温度管理が非常に大切です。

酵素は熱に弱く、48℃以上の熱が加わると壊れてしまいます。
せっかく酵素を多く含む食材を食べても働きを失った酵素では満足いく働きはしてくれないのです。
そのため酵素を食品から取ろうと考えた時には生野菜や納豆・みそなどの発酵食品を取るのが良いでしょう。
特に食事で何気なく付いている大根おろしは非常に多くの酵素を含んでおり焼き魚を食べた際も消化の手助けをしてくれる優秀な食材です。

国ごとの食で比較すると日本食はみそなどの発酵食品や生野菜を多く食べる傾向にありますが、
アメリカは油ものや加工食品が多く、酵素の摂取量や活動振り分けも違うことが分かります。

暴飲暴食ばかりを続けていれば消化に酵素が費やされすぎて他がおろそかになってしまいます。

現代の日本は欧米食中心の方が非常に多いので健康のためにも酵素を取ろうという方も増えてきているのが現状です。

生かどうかが超重要!?

酵素を食事だけでなくサプリから摂取する際、
どんなサプリを選べば良いでしょうか。

酵素選びのポイントは”生”にあります。

先ほど酵素は熱に弱く48℃以上でその働きが無くなってしまうとお伝えしました。

酵素を摂取し存分に働いてもらうためには加熱処理をしていない商品を選ぶのが重要になってきます。

加熱処理をしていないということはつまり「生の酵素」ということになります。

酵素サプリやドリンクを見てみると
「酵素サプリ」「生酵素サプリ」「酵素ドリンク」など、
使っている言葉に”生”が入っているかいないかの違いが分かると思います。

酵素サプリと書いてあっても生酵素でなければ十分なサポートは得られない可能性があることを認識しておくと良いでしょう。

生酵素サプリの選び方は?

酵素サプリを選ぶ際に”生”であるか確認することが大切だとお伝えしましたが、
生酵素サプリを選ぶときには何を基準にすれば良いのでしょうか。

ポイント1.酵素の含有量

酵素サプリの原料である植物発酵エキスは1年~3年以上の時間をかけて製造するものが多く、簡単に製造できるものでなく安いものではないのです。

そのため、酵素サプリの中には酵素以外の成分を多く含み、肝心の酵素が少ないサプリメントがあります。

そういったサプリを間違って買わないためには酵素の含有量に注目しましょう。

ポイント2.無添加かどうか

酵素サプリを始める場合、基本的に毎日飲むのが良いとされています。

毎日摂取するサプリが添加物ばかりだったらどうでしょうか?
健康に気を使って酵素を摂取しても添加物で健康に害を及ぼしていては元も子もありません。

そのため、酵素サプリ選びの際は無添加なものを選びましょう。

ポイント3.乳酸菌が配合されているか

乳酸菌は体内の酵素をサポートし腸までしっかり届けてくれます。

もちろん乳酸菌は酵素のサポートだけでなく、腸内環境を整える役割も持っています。
乳酸菌は炭水化物などから摂取された糖から乳酸を作る細菌でビフィズス菌などが良く知られている乳酸菌の一種です。

ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれる乳酸菌、みそや漬物に含まれる乳酸菌など様々な種類が存在していますが、
乳酸菌は長い間体内に滞在できるわけではありませんので定期的に摂取するのが良いとされています。

酵素+乳酸菌は非常に相性が良く、同時に摂取すると効率アップに繋がるので同時配合のサプリは人気となっています。